会社概要

健康経営

協和キリングループの従業員とその周囲の方が、自分ごととしてワクワク感を持ってWellness Action(行動変容)に取り組むことにより、自らの健康リスクの低減や豊かな人生の実現に加え、会社、社会に貢献していきます。

協和キリングループの健康経営

2015年5月に経営トップによる健康宣言を発信し、会社と健康保険組合協働(コラボヘルス)による「協和キリングループWellness Action 2020」の取組み開始しました。

協和キリングループ健康宣言

協和キリングループは、従業員の生涯を通じたQuality of Life(生活の質)の向上を図るため、協和キリングループ健康宣言を行います。

健康づくりに各自が主体的に努力することに加えて、当社グループとして、予防的視点からより高い次元の健康を目指して積極的に健康づくりに取り組みます。

従業員一人ひとりの健康づくり行動を促進する「動機付け」と、健康づくり行動を実践していくための「継続支援」の施策を推進していきます。

【日本】協和キリングループ Wellness Action 2025

【主な取組事例】

  • 定期健康診断における法定を上回る検査項目の追加(生化学検査、がん検診等)
  • 健康に関する各種講演会の開催
  • 産業医、外部委託等によるメンタルヘルス相談体制の整備
  • ウォーキングキャンペーンの開催
  • スポーツクラブの優待利用
  • 禁煙外来の補助
  • 疾病予防に関する費用の補助(人間ドック、インフルエンザ予防接種、ピロリ菌除菌他)
  • 就労継続支援(がん治療と仕事の両立支援、傷病による長期休務からの復職支援)
  • 「健康白書」の発行

【取組紹介(ウォーキングキャンペーン)】

ウォーキングキャンペーンは、健康保険組合が主催で1年に2回(春・夏)開催しています。
協和キリングループ全体の取り組みとして、当社も積極的に参加しています。

ウォーキングキャンペーン参加率グラフ

健康意識が高まり、2021年春開催では全社の85%(前回開催時36%)の従業員が参加しました。

「宇部営業所 勝手にウォーキングイベント」の経過発表

チーム対抗戦を取り入れるなど、楽しみながら活動しています(宇部営業所の取り組みの様子)

健康経営のKPI

2018年からは、健康経営の数値目標として「協和キリングループ Wellness Action 2020 GOALS」を掲げています。
この活動を通じて、次期中期経営計画における更なる飛躍の土台づくりとして、従業員の健康上のリスクを最小化すると共に、前向きで活力のある職場の形成を目指します。

協和キリングループの健康経営

KPIに関する経年での定量データ(協和キリンプラス単体)

指標 定期健康診断受診率 高リスク者受療率 年休取得率 適度な身体活動を行っている割合 職場のポジティブメンタルヘルス実施率 喫煙率
2018年実績 100% 67% 71% 61% 21%
2019年実績 100% 67% 78% 59% 15.6%
2020年実績 99.5% 0% 75% 50% 100% 10.5%

【健康経営に関する外部評価】
協和キリンプラスは、健康経営優良法人(大規模法人部門)の認定を取得しています。

健康経営優良法人2021 Health and productivity

協和キリンプラスは、これからも一人ひとりの健康を第一に考え、健康経営の取り組みを推進していきます。

KYOWA KIRIN 協和キリン株式会社

ページの先頭へ